倉本歯科医院|歯内療法専門医による精密根管治療|東京都

歯内療法専門医によるマイクロスコープ、歯科用CTを使用した精密根管治療を実施しております。

HOME ≫ 根管治療Q&A ≫

根管治療Q&A

よくあるご質問

  • 治療は痛いですか?
  • 基本的に治療中は局所麻酔を行う為、治療中に痛みを感じることはありません。
  • 治療の回数や期間はどれくらいですか?
  • 歯の状態によって変わってはきますが、治療回数はおおよそ2回~4回程度かかります。半年間ずっと治療をしていたり、1週間おきに何回も治療を行うことはありません。
  • ラバーダムはしてくれますか?
  • 根管治療を行う際は必ずラバーダム防湿を行います。歯の残りの量によってはラバーダムが装着できない場合がありますが、その場合は前処置を行いラバーダムが装着できるようにしてからの治療になります。
  • 根管治療をしてから歯が痛むのですが、治りますか?
  • 根管治療をしても痛みが改善しない場合、原因が歯ではない可能性があります。ただ、その場合も根管治療がしっかりされていることが前提ですので、詳しくはご相談ください。
  • マイクロスコープを使ってくれますか?
  • 根管治療を行う際は必ずマイクロスコープを使用しております。必要であれば口腔内診査の時にも使用いたします。
  • 他の医院で歯を抜かなければいけないと言われたが、本当に抜く必要があるのか?
  • 歯の状態によって変わってきます。歯の残りの量が著しく少なかったり、根にヒビが入って割れている場合は保存が困難となる場合があります。初回にしっかりと診査をしていきますので、一度ご相談ください。
  • 被せ物を取らないと治療できませんか?
  • 基本的に根管治療では被せ物を取って治療を進めていきますが、他の歯と繋がっていたり、被せ物を入れたばかり等の場合は被せ物を取らずに治療を行う事もあります。また、外科的に対応する場合もあります。詳しくはご相談ください。
  • 治療の間隔は短い方がいいのですか?
  • 根管治療の刺激により歯根周囲の組織に影響が多少なりともあります。短くても問題ない場合もありますが、周囲組織の状態から短いと治療の刺激による炎症が落ち着かずに痛みが改善しにくくなる場合もあります。
  • 根にヒビが入っていると言われたが、治せますか?
  • 根にヒビ(歯根破折)があるかどうかは、マイクロスコープで根管内を観察あるいは歯根の表面を外側から観察することである程度の確定診断が下せます。基本的に歯根破折と診断された歯は抜歯となりますが、ヒビが入っている箇所によっては保存できる可能性もあります。詳しくはご相談ください。

ご予約はこちら

電話 03-3590-0418
Mail   info@kuramotodc-ikebukuro.com

倉本歯科医院

〒170-0013
東京都豊島区東池袋3-7-4
倉本ビル2階

TEL 03-3590-0418
FAX 03-3590-0418

9:30〜13:00
14:30〜18:00

休診:土・日・祝日

モバイルサイト

倉本歯科医院スマホサイトQRコード

スマートフォンからのアクセスはこちら