倉本歯科医院|歯内療法専門医による精密根管治療|東京都

歯内療法専門医によるマイクロスコープ、歯科用CTを使用した精密根管治療を実施しております。

HOMEブログページ2022年 ≫ 1月 ≫

2022年1月の記事:ブログ

複雑な根管形態    ~肉眼だけでは対処不可能!?~

ブログ51画像
今回は複雑と言われている根管形態について具体的な例を示しながら書いていきたいと思います。
 
”根管=神経があったスペース”ではあるので、根管治療を行う上では理想的に言えば全ての根管を触れて消毒液が行き届かせることが必要です。
しかし、中には器具が届かない部分などもあり100%治療により根管内を触ることは不可能とされています。
したがって重要なことは、いかに器具で触れたり、消毒液が行き届くように治療中の根管内の形態を把握できるかにかかってきます。
 
ここで有名な根管形態の分類を示したいと思います。
Vertucciらが根管形態を根管の①入り口、②根管の中央部、③根尖部の3つに分けて、全体で8つの形態で分類した報告があります。
 
TypeⅠ:入口1つで出口も1つ(1根管口1根尖)
TypeⅡ:入口2つで出口が1つに合流(2根管口1根尖)
TypeⅢ:入口1つで途中で2つに分岐し、根尖で1つに合流(1根管口2根管1根尖)
TypeⅣ:入口2つで出口も2つ(2根管口2根尖)
TypeⅤ:入口1つで出口は2つに分岐(1根管口2根尖)
TypeⅥ:入口2つで途中で1つに合流し、根尖で2つに分岐(2根管口1根管2根尖)
TypeⅦ:入口1つで途中で2つに分岐し、また一つに合流して、根尖で2つに分岐(1根管口2根管1根管2根尖)
TypeⅧ:入口3つで出口も3つ(3根管口3根尖)

 
このように入口と出口が一致しない根管形態もあり、単純な一本道ではないことが治療を複雑化します。
特にTypeⅦは治療中に根管形態を完全に把握することは不可能に近いと考えます。
 
術中でも必要あれば歯科用CTを撮り、見落としている根管がないか、スペース(イスムスやフィン)などがないかどうか確認することも重要です。
 
このように根管形態は複雑であるという意識の元、根管治療を行わなければ精密な根管治療を行うことは難しいのです。
しっかりとした技術、設備はもちろんですが、基本的な知識が充実している歯内療法専門医だからこそ、より歯を保存できる可能性が高まるのです。
 
豊島区池袋の倉本歯科医院では歯内療法専門医による根管治療、歯髄保存治療を行っております。
お悩みの歯がありましたら、ご相談ください。
https://kuramotodc-ikebukuro.com/reservation.html
2022年01月28日 13:45

神経を取った歯根の先には膿が溜まっている!?

今回は私の大学院の母校でもある東京医科歯科大学で2011年に発表されたデータを基に記事を書いていきたいと思います。
 
適切に神経を取り、適切に被せ物の治療をするとその成功率は80-90%程度と報告があります。
しかし、そのデータは海外の歯内療法専門医のデータなのです。
したがって、日本における一般の歯科医師が行った根管治療の成功率はそれよりも下がることが予想されます。
 
既に根管治療がされている歯を無作為に抽出してレントゲン写真を観察すると、上の前歯・上の奥歯(大臼歯)・下の奥歯(大臼歯)に関しては根の先に黒い影を認めた割合は7割近くあり、一番少ない下の前歯に関しても4割強だったと報告があります。
このデータを単純に解釈すると日本で既に根管治療をされている歯の4~7割は根の先に病変を認めているということです。
もちろん、治癒の形態として根の先に黒い影を有したままの状態になることもありますが、それでも根の先の病変の割合は高いと言わざるを得ません。
また、現在では材料の進歩や術者の技術の向上もあり、このデータが現在の歯科医師の力量だとは思いませんが、根管治療に関してはその治療の重要性があまり評価されない時代もありました。
理想的に言うと、根の先に病変がある歯の全てが治療を必要としている状況にはありますが、その全てを手あたり次第に治療介入してくのも現実的ではありません。
症状が出てきたら、周囲の組織に悪影響が出ることが予想されるときなど適切な時に治療介入していく他ありません。
 
一度、歯の神経を取ると現在の医療の水準ではそれは元には戻りません。
安易に神経を取らずに、神経を温存できる状態であれば極力神経は取らずに、そしてどうしても神経を取らざるを得ない状況であれば専門医に適切に治療をしてもらうことが重要となります。
 
根管治療や歯髄保存治療を行う場合は、歯内療法専門医に治療を受けるという選択肢を知っていただくことが私の目標です。
そうすることで、日本国民の口腔内の状態が今よりも良くなれば幸いです。
 
豊島区池袋の倉本歯科医院では歯内療法専門医による根管治療、歯髄保存治療を行っております。
お悩みの歯がありましたら、ご相談ください。
https://kuramotodc-ikebukuro.com/reservation.html

 
2022年01月26日 13:00

最終的な被せ物  ~被せ物の精度も根管治療の予後に影響する!?~

根管治療は感染した根管を清掃、消毒して、再感染を防止するために根管充填を行い、終了となります。
その時点で細菌が少なく、感染による病変が治癒したとしても、最終的な被せ物の精度によっては再感染してしまうケースがあります。
 
ある論文の報告によると、良質な根管治療と良質な被せ物治療をした歯に関してはその成功率は90%を超えると言われています。
しかし、根管治療が良質な状態でも、被せ物の精度が悪い場合の成功率は44%程度まで低下してしまいます。
 
逆に、根管治療の状態が悪い状態でも、最終的な被せ物の精度が良いと成功率は67%まで上昇します。
 
私の考えでは、日本はこの状況が一番多いと感じています。
どうしても保険診療の制約があり、根管治療が疎かになりやすい状況にありますが、最終的な被せ物の精度が良いので状態の悪化をある程度防止できているのです。
被せ物の精度は患者さんもある程度認識はできますが、根管治療の質に関しては全く分からないと思います。
我々、歯内療法専門医の役割としては、その見えない所の治療をしっかりと行うことにより、今後起こりうるであろう再治療の必要性を少しでも低く出来ればと考えております。
 
患者さんからは分からない治療の質を向上させ、細かく時間のかかる治療であるが為に歯科医師からも敬遠されがちな根管治療をしっかりと精密に行っていくことで、普段通りの日常生活がおくれる手助けができれば幸いです。
 
豊島区池袋の倉本歯科医院では、歯内療法専門医による根管治療、歯髄保存治療を行っております。
お悩みの歯がありましたら、ご相談ください。
https://kuramotodc-ikebukuro.com/reservation.html

 
2022年01月24日 13:30

根の先の炎症について   ~免疫担当細胞の働きとは~

今回は根の先(根尖)の炎症について書いていきたいと思います。
 
根尖部の炎症は根管由来や歯周病由来の細菌によって引き起こされます。
以前にも書かせていただきましたが、細菌がいなければいくら骨が減ろうが、歯に亀裂が入ろうが炎症反応は生じません。
 
細菌による刺激により免疫担当細胞がその刺激に対応しようとして炎症反応が生じるので、実際は炎症反応とは生体防御の一環なのです。
しかし、その生体防御によって痛みや腫れが生じてしまうので、炎症とはネガティブなイメージがつきやすいです。
 
具体的には、私が東京医科歯科大学の大学院で研究していたマクロファージなどの免疫担当細胞が根尖部の炎症反応の中心にいます。
マクロファージなどの免疫担当細胞は細菌などから刺激を受けるとサイトカインなどの炎症性メディエーターを産生し周囲の細胞に細菌から攻撃を受けていることを伝えます。
それによって生体を防御するための炎症反応が起こる場所が必要となります。
根管が細菌に感染しているのに周囲の骨が溶けていくのはマクロファージなどの免疫担当細胞から指令を受けた破骨細胞によって引き起こされます。
骨がなくなったスペースで炎症反応が進むことで、細菌との戦いによって好中球などの血球成分の死骸によって膿が溜まってくるのです。
 
イメージとしては、根尖部の周囲に溜まっている膿を出せば治るように感じる方もいらっしゃるかもしれませんが、それはただ単に戦場に溜まっている血球成分の死骸などを外に出すだけなので症状緩和には繋がるかもしれませんが、根本的な治癒には至りません。
 
我々歯内療法専門医にできることは、細菌の数を減らして生体の防御反応のみで根尖周囲の環境が元に戻ることを手助けすることなのです。
しかし、その細菌が複雑に入り組んだ根管内に潜んでいるので治療が難しくなってしまいます。
様々な器具や消毒薬などを駆使して、根管内の細菌をいかにゼロに近づけられるかが肝となるのです。
 
豊島区池袋の倉本歯科医院では、歯内療法専門医による根管治療、歯髄保存治療を行っております。
お悩みの歯がありましたら、ご相談ください。
https://kuramotodc-ikebukuro.com/reservation.html
2022年01月20日 13:10

根の先の膿の原因となる細菌  ~日頃の口腔清掃が大切!?~

根管が細菌に感染すると根の先に膿(根尖病変)ができてきてしまいます。
 
虫歯であれば一般的な虫歯菌と呼ばれる細菌だったり、歯周病であれば歯周病を惹起させる細菌というのがある程度特定はされています。
しかし、根尖病変を起こす細菌については特定されておらず、口の中に存在する全ての細菌がその可能性を秘めています。
 
通常であれば生体内に存在していても問題にならない細菌も、異常に数が増えてしまったり、宿主の免疫が下がったりすると身体に害を及ぼすようになります。
それを”日和見感染”と言います。
根尖病変は何らかの原因で細菌が根管内に侵入し、増殖し、生体に害を及ぼしている状態なのです。
 
虫歯を予防すれば、そこから進行する行先にある根尖病変も予防できる。
歯周病を予防すれば、そこから波及する行先にある根尖病変を予防できる。

 
このように、口の中の環境をしっかり清掃し整えることによって様々な事が予防できるのです。
 
日々のご自身の清掃をしっかり行っていただき、それでもケアしきれない部分に関しては我々がお手伝いし、それでも重箱の隅を突くように発生してしまう問題に対しては早期発見、早期治療を行うことによって歯を大きく削ったり、歯を支えている骨が吸収してなくなってきてしまうことを防ぐことができます。
 
治療が必要になった際はしっかりと治療を進めさせていただきますが、治療が必要なく定期的なメインテナンスで済むのであれば、我々もそれに越したことはないと思っております。
痛くなったら歯医者に行くのではなく、痛くならないように歯医者に行くように考えていただけると助かります。
 
少しでも気になることがあれば歯科医院の受診をお勧めいたします。
 
豊島区池袋の倉本歯科医院では、歯内療法専門医による根管治療、歯髄保存治療を行っております。
お悩みの歯がありましたら、ご相談ください。
もちろん、治療以外の検診や歯のクリーニングも実施しておりますので、お気軽にご相談ください。
https://kuramotodc-ikebukuro.com/reservation.html
2022年01月19日 13:30

歯の黒い部分は全て削る必要があるか?

今回は虫歯について書いていきたいと思います。
 
皆さんは歯が黒くなったら、真っ先に虫歯を疑うのではないでしょうか?
もちろん、お茶やコーヒー、タバコなどによる着色でも歯の色は変化しますが、歯が黒い部分が虫歯ではないかと来院される方はそれなりにいらっしゃいます。
 
虫歯かどうかの検査としては、歯科医師による視診、レントゲン検査など、また必要あればそれ以外の検査を併用して虫歯かどうかを判断していきます。
歯が黒くなった部分が虫歯であっても歯を削る必要がない場合もあるのです。
 
我々が虫歯と診断して歯を削って治療するかどうかは虫歯の深さ(進行度)によって判断します。
・エナメル質に限局した初期虫歯
・象牙質まで達している虫歯
・歯髄まで達している虫歯
大まかにはこのように分類します。
 
歯を削るかどうか悩むケースはエナメル質に限局している虫歯で、一般的に初期虫歯と呼ばれる状態です。
日本歯科保存学会は虫歯治療のガイドラインを出しており、初期虫歯に関しては歯の清掃性がしっかりされている状況であればフッ素塗布を推奨しており、それにより虫歯の進行を止め、歯の再石灰化を促します。
しかし、歯にフッ素を塗布するにあたって、周囲の歯に汚れが付いていないことが前提となりますので、まずは歯科衛生士による歯磨き指導であったり、歯のクリーニングを徹底的に行います。
 
ご自身では見えない部分が初期虫歯となっている場合、気付かずにそのまま放置してしまうと虫歯はドンドン進行していき、歯を削る量が増えたり、最悪歯を抜く必要が出てきてしまいます。
 
歯科医院が定期的な検診を勧める理由としては初期虫歯を出来る限り早い段階で発見し、なるべく歯を削る量を減らしたいと考えているからなのです。
小さい虫歯であっても、虫歯がある所によっては健康な部分を削らないとアプローチできない場合があり、そのような治療を繰り返すことによって歯の神経を取る処置が必要になったり、最悪歯を抜かなければならない状態に近づいてしまいます。
 
当院は歯内療法専門医が根管治療や歯髄保存治療を行っておりますが、同時に日本歯科保存学会の認定医であり、日本顕微鏡歯科学会の認定医も取得しております。
歯を削るような治療の介入が必要ない場合にはそのようにご説明し、口腔清掃指導や歯のクリーニングを実施しております。
気になる歯があったり、お悩みの歯がありましたら、お気軽にご相談ください。
https://kuramotodc-ikebukuro.com/reservation.html
2022年01月13日 13:10

顔が大きく腫れた  ~口腔外科の受診が必要になる!?~

今回は根の先の炎症が原因による腫れについて書いていきたいと思います。
 
レントゲン写真で根の先に黒い影がある場合、慢性炎症が存在していることになります。
それがずっと慢性炎症のままであれば大きく腫れることもないのですが、体調が優れなかったり、免疫が下がったタイミングでその炎症が急性化する場合があります。
慢性炎症が急性化した時は、何もしないでもズキズキ痛んだり、物を噛めないくらい痛んだり、歯肉が大きく腫れたり、顔の形が変わるくらい大きく腫れてしまう事もあるのです。
 
腫れの状態によっては歯科医院で応急処置をすることで一時的に炎症を鎮めることができます。
例えば、歯肉が大きく腫れていて触るとブヨブヨする感じがある場合は、歯肉の直下に膿が溜まっているので、切開して膿を出すことで症状の緩和を図ることができます。
また、被せ物が入っている歯であれば嚙み合わせの調整や、被せ物を外して、噛んだ際の刺激を取り除くことによって炎症の鎮静化を図ることもできます。
 
しかし、歯科医院での応急処置では解決が困難なケースもあります。
それは、顔の形が変わるほど大きく腫れてしまった場合です。
身体の中には”隙”と言われるスペースが数多く存在します。その隙に炎症が波及することで大きく腫れあがってしまいます。
そのような場合、まずはお薬での応急処置となりますが、飲み薬だけでは効果がないことが多いため、その場合は大きな病院の口腔外科の受診を勧めます。
一般の歯科医院では侵襲が大きくて処置できない場合も、しっかりと専門医に診てもらうことで対処します。
 
ご自身の判断だけでは受診が難しい場合もありますので、まずは歯科医院で診査、診断を受けてから必要あれば紹介状を貰う流れが無難かと思います。
まずは急性化した炎症を鎮めることを第一優先とし、炎症がある程度治まってから根本的な治療のご相談となります。
状況が分からない場合はお電話でも結構ですので、まずはご相談ください。
 
豊島区池袋の倉本歯科医院では歯内療法専門医による根管治療、歯髄保存治療を行っております。
お悩みの歯がありましたら、ご相談ください。
https://kuramotodc-ikebukuro.com/reservation.html
2022年01月12日 13:30

根管の形態  ~根管治療にマイクロスコープは必須なのか~

今回は根管治療を行う上では切っても切り離せない根管形態について書いていきたいと思います。

根管治療の意義の一つである”感染の除去”を徹底的に行うには、根管形態をしっかりと把握することが重要となります。
歯科医から説明を受ける際には”神経の管”のお掃除と言われることが多いことから、根管とは一直線の管とイメージする方が大半だと思います。
しかし、実際の根管は歯根内を網目のように張り巡っている場合もあり、全ての根管を器具で触れることはほぼ不可能なのです。
 
そこで我々が目指す最善の根管治療とは器具が到達できる範囲、消毒薬が届く範囲の感染を徹底的に除去することです。
その為には、マイクロスコープを使用して拡大視野下、適切な照明による明視下での根管治療が必要不可欠となります。
 
見えない部分をイメージだけで治療すると、歯質を余分に削ってしまったり、歯根の変な所に穴を開けてしまったり、感染をより多く取り残してしまいます。
そうすると治癒する見込みがある歯でも治癒できず、ゆくゆくは抜歯となってしまう恐れがあります。
 
具体的には、どのような根管形態に注意しているのか簡単に紹介します。
 
一つ目は、イスムスやフィンと呼ばれる形態です。
根管と根管の間には独立していることもありますが、バイパスのような構造で連結している場合があります。それがイスムスと呼ばれる構造です。
また一つの根管の脇に張り出している構造のことをフィンと呼びます。
これらの形態を清掃する際は積極的に器具をグリグリ挿入することはしませんが、細かく切削できる器具で注意深く清掃していき、消毒薬を行き渡らせることが重要となります。
イスムスやフィンと呼ばれる構造はとても細かい部分となるので、ここの清掃の際にもマイクロスコープの使用は必須となります。
 
二つ目は、根尖部の分岐や側枝と呼ばれる構造です。
根管は一本道ではなく脇道に逸れて分岐している場合もあります。この場合も器具を挿入できるケースは少ないので、消毒薬にて徹底的に消毒していきます。
 
このように細かい部分の感染の除去を適切に行うことで、治癒に導くことができるのです。
 
豊島区池袋の倉本歯科医院では歯内療法専門医による根管治療、歯髄保存治療を行っております。
お悩みの歯がありましたら、ご相談ください。
https://kuramotodc-ikebukuro.com/reservation.html

 
2022年01月07日 13:30

歯髄保存の意義  ~なるべく歯の神経は残した方がいいのか~

歯の神経(歯髄)はなるべく残した方がいいと言われておりますが、なぜそのように言われているのかご存じでしょうか?

歯髄は”しみる”などの知覚神経としての役割だけでなく、歯の防御機構としての”免疫”の役割もあります。
具体的には、虫歯菌や歯周病菌などの刺激から重篤な感染、炎症となるのを防ぐ機能があるのです。
痛みの症状がなくても、歯髄は日々このような刺激から歯を守っており、その防御機構が破綻してしまうと、歯は容易に感染し炎症反応が出現します。
 
また、歯髄は日々の”噛む力”の刺激からも歯を守っているという報告があります。
歯の神経を取ってある歯(失活歯)と歯の神経が残っている歯(生活歯)を比べると、失活歯は生活歯より2倍以上の力を加えるまで痛みを感じなかったそうです。
歯髄が残っていることによって、噛む際に過度な力が歯に加わるのを防いでくれ、歯が割れてしまうのを回避する手助けをしてくれます。
食べ物を噛む以外にも人は”噛みしめ”や”歯ぎしり”を日々の生活で少なからず行っており、それが歯のダメージとなっています。
それらのダメージを歯髄が残っていることによって最小限にしようと力のコントロールに一役買っていることもあります。
 
まとめると、歯髄を残した方がよい理由として
・細菌などの刺激から歯を守ってくれて、感染や炎症が起こるのを防いでくれる。
・噛む際の力のコントロールをすることによって、歯に過度な力が加わり、歯が割れてしまうのを防いでくれる

などが挙げられます。
 
しかし、歯髄を取らざるを得ない状況で無理に歯髄を残すことによるデメリットも存在するので、歯髄保存ができるのかどうかは術前の診査が重要となります。
 
豊島区池袋の倉本歯科医院では、歯内療法専門医による根管治療、歯髄保存治療を行っております。
お悩みの歯がありましたら、ご相談ください。
https://kuramotodc-ikebukuro.com/reservation.html

 
2022年01月05日 13:15

倉本歯科医院

〒170-0013
東京都豊島区東池袋3-7-4
倉本ビル2階

TEL 03-3590-0418
FAX 03-3590-0418

9:30〜13:00
14:30〜18:00

休診:土・日・祝日

モバイルサイト

倉本歯科医院スマホサイトQRコード

スマートフォンからのアクセスはこちら